2005年05月28日

2分でわかるタイガー&ドラゴン「猫の皿」の回

 骨董品を二束三文で買い叩いて儲けていた男が旅先で茶屋に立ち寄った。茶屋には猫がいて、みればたいそう価値のある茶碗で飯を食っているではないか。茶屋の主人は茶碗の価値をしらずに猫に使わせているのだろうと思い、男は主人を言いくるめて大金を出すので猫を売ってほしいと持ち掛け、ついでに猫の使っていた茶碗も頂いていきますと高価な茶碗を騙しとろうとする。しかし主人は「その茶碗は高価なものなのでこちらを」と汚い茶碗を出してきた。さあ困ったのが男。高価な骨董品が手に入ると思って金を出したのに手元にきたのは猫と小汚い茶碗。高価だとわかっているならどうしてそんな茶碗を猫に使わせているのかと尋ねると「こうして猫に使わせておくと、ときどき大金で猫を買い取ってくれるお方がいるんですよ」と、一枚も二枚も上手の主人だった。

 虎児(長瀬智也)がとあるお笑いコンテストのチラシを持って竜二(岡田准一)を訪ねてきた。いまひとつ気が乗らないものの賞品は探し求めていたヴィンテージのジーパンということもあり、竜二は参加を決意する。実のところコンテストは、どん兵衛(西田敏行)の所属する落語芸能協会主催のスカウトオーディションで、賞品のジーパンも竜二を参加させるために用意したものだった。
 だがコンテストで審査員長を務めるのは奇しくも竜二が落語を辞めるきっかけになった、柳亭小しん(小日向文世)。当時、竜二は真打に昇格する一歩手前で、そのための高座にかける落語を人情噺を得意とする子しんに教えを請いにいった。だがしかし、年功序列を重んじる保守派の小しんは、まだ歳若い竜二が真打に上がることが気に入らずなかなか噺を教えようとしなかった。結果は散々。寄席は失敗に終わり、落ち込む竜二は小しんの企みを知って嫌気がさし、そのまま落語を辞めてしまったのだった。
 賞品につられて出てしまった大会とはいえ、審査員はみな見知った顔の落語家ばかりか、父親のどん兵衛まで。虎児を恨みながらも竜二は予定していたギャグを止めて落語を演じきり見事優勝を果たし、「ジーパンを景品に出すと、ときどきおもしろい素人がタダで釣れるんですよ」と、どん兵衛からスカウトされるのだった。


 パタリロで読んだな、こんな噺。
 最終回でもいいくらい。いや本当に最終回だったら納得いかないけど。それくらいしっかりした回だったと思う。どん兵衛にも認められ落語に戻る礎を得たわけで、あとはドラゴンソーダがどうなるか…。しかし、竜二はどん兵衛のことを心底尊敬してたんだなぁ。だからこそ、子しんに対するどん兵衛の姿勢の落胆も大きかったわけでもあるのだが。なまじ尊敬してた偉人の情けないところを見るとガッカリ度の大きいあれのようなものか。
 ガンモと音無響子にはグウの音も出ない。

「猫の皿」収録
 
次回「出来心」収録
posted by 群青 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(2) | タイガー&ドラゴン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

TBS「タイガー&ドラゴン」猫の皿の回
Excerpt: TBS金曜ドラマ「タイガー&ドラゴン」。 27日放送。第7話は、猫の皿の回。 ---------------------------------------------- 猫の皿 ..
Weblog: テニスボーイの右脳
Tracked: 2005-05-28 13:44

ドラゴンソーダ!
Excerpt: こんばんは! 感動したので、オフィシャルから引用しました。 
Weblog: Strikes back!? 208r.BBS
Tracked: 2005-05-29 22:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。