2005年04月10日

Bar Brawl

 ご指名ありがとうございます。トミー・ベルセッティ。フゥワッフー。

 久々に屋敷に帰ってきたらなんだかバーのほうが騒がしい。
 カラオケだったらオレもまぜてくれよ。ショッカーの歌入ってる?

 は? ショバ代の取立て?
 なにやってんだよ、そういうのはランスに任せてあるだろ。
 酔っ払ってくだ巻いてる?
 しょうがねえなぁ、今日のところはオレが行ってやるぜ。

 ランスはこの街に来てすぐに知り合ったチンピラなんだが、ひとりで敵のアジトに突っ込んでいっては捕まったりで森昭雄脳なトラブルメーカーなのがいけない。
 アニキを殺されたのは気の毒だが、そろそろ真面目に仕事をしてほしいもんだ。
 ガレージに向かいPcg600にまたがる。

 で、取立てだっけ?
 今回は豪華なことに案内役付きのようだ。
 バイク、二人乗りだから悪いけどあとのひとり走ってきてね。

 目的の店はオーシャンビーチ沿いのこじゃれたオープンカフェだ。

 いきなり逃げ出す警備員を撃ち倒しながら土足で失礼する。
 なかなかいい立地じゃねえか。うちのアイスクリーム置いてくんないかな。
 え? DBP警備が勝手にアイス持ってくるからいいって?
 早い話、DBP警備をぶっ潰せばオレのアイスクリーム置いてくれるわけね。

 再びPcg600にまたがりアクセルを吹かす。
 おらそこ、息切らしてないでいくぞ。今来たばかりだって? んなこたしらねぇよ。

 DBP警備は同じオーシャンビーチ沿いの古びた建物群のひとつに会社を構える、たぶんアイスクリーム屋。
 入り口には制服に身を包んだ警備員が総出でオレを歓迎してくれるようだ。
 さてと。
 おもむろにロケットランチャーを構えてぶっ放してやる。みごと駐車してあった車に誘爆して吹っ飛ぶDBP警備の連中。
 ややこしい話するよりこっちのほうがてっとり早い。

 これでうちのアイスが…って、いまバイク出てったのなによ?
 DBP警備員
 ってことは、あいつらアイス職人かなんかか。それは逃がしちゃおけねえな。

 まったく今日はバイクに乗ることが多いな。
 おらおら走れー! 誰か竹刀もってこーい!
 おまえらもちっと待てよ。TAC9の弾が重いから少しわけてやるってんだよ。
 その代わりアイス作ってくれな。

 あーあー…逃げるから手がすべっちったよ。
 ま、これでうちのアイスを売れるってもんだ。

 っと、電話だ。もしもしオレだよオレ?
 なんだランスか。きっちりアイス売る約束とりつけてきたから安心しろ。
 は? 何言ってんのおまえ。まだ酔ってんのかよ。
 おまえが酔いつぶれてたから代わりに行ってやったんじゃん。
 もう酒なんかやめろよな。
 わかったら工場行ってアイス作れよ。じゃあな。
posted by 群青 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | GTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。