2005年03月25日

Hog Tied

 俺の名前を言ってみろ。そうだトミー・ベルセッティ。森昭雄脳にインプラントされてる。

 どこへ行く気にもなれずぶらついていると、いつの間にやら久しぶりな気がするThe Greosy Chopperの前だった。

 ミッチの野郎はいい加減仕事請ける気になったか?
 せっかくなんでちょっと寄ってくことにする。必殺技は開けてからノック。

 よお、ワルのベルセッティさん。

 ベルセッティさんじゃねぇよ。仕事はどうなったんだ?
 問い詰める俺にミッチ・ベイカーは話を切り出す。

 地元のチンピラがバイクを盗みやがった。
 イキがってるバカは始末するんだが…。

 え゛…。やべぇ、バレてたのか…。
 Angelまた乗り捨ててきちゃったよ。
 必死で言い訳を考えながら汗腺が開いてぶわっと汗が吹き出すのがわかった。

 ミッチ・ベイカーは恐ろしいことを言いながら平然とした顔で野球盤で遊んでやがる。
 しかもタイガース盤。

 仲間のためにどれだけできるか見せてくれ。

 くそ、ヤクザみてぇに指でも詰めさせられんのか…?

 野球盤の展開を見守りながら顎をつたう汗をぬぐう。
 9回の裏2アウト。
 ここで投げ勝てばミッチチームに白星。
 俺っち、もう黒星。

 鉄砲屋の裏にいるからよろしく。
 終わったら例の仕事受けてやるよ。

 え? 鉄砲屋の裏…?
 俺じゃないの? だったら最初から言ってくれよ。
 ん? いいんだいいんだ、気にすんな。なんでもないって。
 うははは…。

 んじゃ行って来るよ。
 次カーブくるから気をつけてな。

 ふぃー、やべーやべー。本気でビビったよ。
 ミッチの怒号を耳にしながら店の外に出た俺はまだ汗をぬぐっていた。
 夜風の冷たさが心地いい。

 今度からは返すようにしないとな。始末されたんじゃかなわん。
 今回ばかりはバイクが必要ということなのでいつものように歩道に停めてあったAngelボタンでまたがる。店の前にいたミッチ・ベイカーの仲間の視線が痛い。

 はやく仕事終わらせて帰るか。
 ×ボタンでアクセルを握りバイクを走らせる。

 その後、武器屋の前にある長階段をジャンプした勢いで一回転しかけたり、
 MACの弾丸が切れてTac9と弾1150発をいただいたり、
 ミッチ・ベイカーのバイクを持ってくるのに借りたAngelを置いてきて返せなくてボコられたりボコったりするのだがそれは別の話。
posted by 群青 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(1) | GTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日経賞&毎日杯予想
Excerpt: 毎日杯 予想としては実は事前人気のコンゴウリキシオー&ローゼンクロイツで決まりと
Weblog: Hokuspokus fidibus
Tracked: 2005-03-26 01:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。