2005年03月19日

Collect the Cars

 よっす。トミー・ベルセッティだよ元気? 俺、暴れん坊。

 ミッチ・ベイカーの悲劇話を聞かされた少しばかり落ち込んでいた俺は、ヤツに言われるままに破壊の限りを尽くすことにした。
 誰にも見つからないところで。

 あのときすでに別の悲劇は始まっていた。

 ホテルの駐車場でMACから廃莢をこぼれさせながら俺は順調に車を破壊していた。すでにバン2台は黒コゲだ。
 サブマシンガンらしい連続した音が金属のボディに穴を空けていく。MAC森昭雄脳メーターを上げるのに適していた。

 青いボディの、街でもあまり見ない珍しい形。

 しばらくすると、黒い煙が上がる。こうなればもう崩壊の時は近い。
 あとは炎上、爆発。
 すでに煙はオレンジの炎に変わっていた。

 車の名はたしか、ESPERANTO

 いまにも爆発しそうな車から離れる。

 ESPERANTO? どこかで聞き覚えがあるような。

 どっかん。

 背後で派手な爆発があがった。
 あろうことか、充分に距離をとりきれていなかった俺は、爆風に巻き込まれて吹っ飛ばされてしまった。

 顔からつんのめる俺。相変わらず防弾チョッキが優秀だ。

 時間もないことだし、車のことなんか忘れて最後のバンを破壊しにいく。
 普通のミッションならここでロケットランチャーなんかを使うのもいいのだが、それでは森昭雄脳メーターがいい具合に上がらない。

 MACのマガジンを変えるのがもどかしいが、これもまた楽しみのひとつだ。
 バンから炎が上がるころ、森昭雄脳メーターはほとんど満タンだった。
 さっきのような失敗はしないようにすぐに離れる。

 森昭雄脳の名の下に高らかな爆発音。
 ミッションは無事成功だ。

 今日の俺、ちょっぴり詩人。

 ふと、先ほど破壊した青い車のことを思い出す。
 けっこうイカしてたな。サンシャインオートのガレージまだ空いてたし、しまっといてもよかったかも。

 サンシャインオート…。

 冷や汗が頬をつたう。
 鼓動が間違いであってほしいとその合間を縮める。

 サンシャインオートはリトルハイチにある俺がオーナーを務めるカーオートだ。

 その地下駐車場には誰の仕業かしらないが、あるリストが貼ってある。

 LANDSTALKER
 IDAHO
 ESPERANTO
 STALLIRON
 RANCHER
 BLISTA COMPACT

 カーオートで売る予定の車リストである。

 ESPERANTO…やっぱりありやがったよ…。

 すでに煙を吹いていたAngelを飛ばして大急ぎでサンシャインオートにリストを確認にきた俺は、愕然と膝をついた。

 リストにある車はいずれも珍しい車ばかりで、探すつもりでもないと滅多に見かけない。

 そんな中のひとつがあったのだから、それはもう幸運そのものなのだ。

 あいにく、すでにそのはオシャカ。
 しかも自らの手でぶっ壊していた。
posted by 群青 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | GTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。