2005年03月13日

ピザボーイ

 俺の名前はトミー・ベルセッティ。

 ピザ屋で配達の仕事なんかをやっている。

 イカしたエンジン音のバイクを駆ってL2ボタンかR2ボタンにボタンを同時押しでピザ狂い共にピザを投げつけてやる昔のペーパーボーイみたいでクールな仕事だ。ちょっとばかしミスったときはバイクでピザを押してやるとピザ狂いが転がるピザ目掛けて飛びついてきやがるんだぜ。
 中身がどうなってるかは知ったこっちゃない。

 こう見えても、以前の持ち主は麻薬王だった逸話を持つ豪邸に住んでアイスクリーム屋とカーオートを経営している。いまはナイトクラブの買収交渉も進めているところだ。
 ピザ屋の同僚はヨタ話だと誰も信じちゃくれないうえに皆で俺を森昭雄脳だと無視しやがる。

 だが店主のオヤジは口は悪いがいい奴だ。
 どうして俺がこの仕事をショボイと思ってたことを知っているのか小一時間問い詰めたい。

 どうでもいいがこの店、労働基準法守ってんのか?
 たったいま配達から帰ってきたばかりの俺に、10人前のピザを配達しろときたもんだ。店のほうにはほとんど客がいないくせに、まったくどうなってんだろうねこのピザ屋は。

 ま、そんくらいの配達、バイクの加速テクを知ってる俺には朝飯前だがな。
 ×ボタンで走りながら左スティックをちょいと前に倒してやればいい。いいか? 倒すのはチョイとだぜ? そうすりゃエンジン音が変わって、道の真ん中をすり抜けでチョイチョイ、と…チキショウ! また転んじまったぜ! 曲がるときはウィンカーぐらい点けやがれ! ピザ屋のスクーターは小回りはきくんだが軽くていけねぇや。ハーレータイプのAngelかトルク抜群のPcg600なんかが俺好みだが、オヤジはンなこと聞き入れやしない。

 それでも稼ぎは悪くない。ピザ一枚届けるごとに10$もはいってきやがる。前にやってたタクシー運転手よりシノギはいいぜ。あん時は大変だったな。なんせ稼ぎより車の修理代のほうがかかるときたもんだ。いくら客の数でボーナスが出るとはいえ、やればやるほど赤字になるクソったれた仕事だったぜ。

 さてと、今日もよく働いたし帰るとするか。

 車は店の前に駐車してあった青いADMIRALをいただくことにした。
 お上品なスーツを着込んだ白髪の男が乗っていたが、俺が困っていることを知るとすぐに車を降りて貸してくれることになった。この街に流れ着いてからの俺は自慢じゃないが自分で金を出して車を買ったことはない。ホントいい奴が多いからこの街は大好きだぜ!

 偶然チューニングされていたお気に入りのラジオ局であるESPANTOSOをたれ流しながら、ご機嫌で×ボタンを押してアクセルを踏みこもうとする俺の愛車の目の前で、ハイチ人のギャングが殴り合いをおっ始めやがった。

 どうも俺はこのハイチ人ギャングって奴らに好かれていない。
 奴らときたら俺を目のかたきにしてるらしく、見かける度にチャカをぶっ放してきやがる。

 まあ俺はいわゆる正義の味方だからこういう奴らが許せないわけだ。

 この街で暴力ふるっていいのは俺だけだ、このクソ野郎!

 車を降りて一発目のコークスクリューを食わしてやった青いシャツの男が尻餅をついて倒れやがった。もちろんそんなもので許す気の無い俺は、倒れたそいつをボタン連打で蹴飛ばしてやる。まもなくして地面を真赤に染めたそいつを見た他のギャング共が狂って俺にチャカを向けて撃ってきやがった。

 お…なんか知らんが身体が楽だぞ。

 コルト45のパチンコ玉くらいじゃ屁でもないぜ。防弾チョッキもいけてる。よく見てみりゃ体力ってやつが150に上がってやがる。もしや神様が真面目に働いてた俺を見てプレゼントしてくれたのか?

 まあそんなことはどうでもいい。今はコイツらだ。俺は昨日届いたばかりの357を構えると、奴らに向けてぶっ放してやった。

 うひー! この衝撃がたまらねぇ!

 少しばかり重いリボルバー拳銃だがゴミを片付けてるのが実感できるいいだ。何より一発ぶっぱなすごとに奴らがかっ飛んでくのが最高だぜ!

 街のゴミもきれいさっぱり片付いたことだし、俺は改めてに乗り込んで帰路を急いだ。

 家に帰れば広い室内プールに上等なベッド…ありがとうよディアス(前の持ち主)。これで女でもいりゃ最高だったんだが、あの双子どこいったんだ?

 よし決めた! 明日は女でもひっかけに行くか!
posted by 群青 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | GTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。